ピックアップPickup

生化学2019.11.07

Intrinsic LifeSciences社について

Intrinsic LifeSciences社は、ヒト体内の鉄恒常性を調節する重要なホルモンであるヘプシジンのELISAを世界に先駆けて発見・開発しました。Intrinsic LifeSciences社の設立者が率いる研究チームは、ヒトの尿と魚に含まれるヘプシジンを独自に発見し、肝臓におけるヘプシジン合成の調節、生体鉄の恒常性維持におけるその作用機序、および疾患と感染におけるヘプシジンの役割を定義する先駆的な研究を続けました。Blood(米国血液学会発行の週刊誌)の影響力のある論文において、Intrinsic LifeSciences社のチームは血清および尿中のヘプシジン測定用のELISAについて初めて記述し、成人女性と成人男性の血清中のヘプシジンの正常範囲と、身体を衰弱させる種々の疾病を有する患者の血清中のヘプシジンレベルを定義しまた。Intrinsic LifeSciences社は、ヘプシジンに対する初のFDA承認を有する血液検査の開発に注力しており、また、関連する診断製品のポートフォリオを拡大して、一般的な鉄障害の研究、診断、モニタリング、治療を推進しています。

ヘプシジン(Hepcidin)ついて

ヘプシジン(Hepcidin)は25個のアミノ酸からなるホルモンで、ヒトの鉄恒常性(代謝)の主調節因子です。[1] ヘプシジンは十二指腸からの食物由来の鉄の吸収を調節し[2] マクロファージによる老化した赤血球の鉄の再利用を制御し、血液産生における肝細胞から血漿への鉄輸送を管理しています。ヘプシジンは、血漿中の鉄とIL-6 (炎症、感染)により正の調節を受け、エリスロフェロン(Erythroferrone)を介した赤血球生成によって抑制されます。[3] 血清中ヘプシジンの異常な低下は鉄欠乏性貧血(IDA)および遺伝性ヘモクロマトーシスと関連し、一方、血清中ヘプシジンの高値は鉄の減少につながり、炎症性貧血(慢性疾患性貧血)を引き起こす可能性があり、この炎症性貧血は慢性腎疾患(CKD)、関節リウマチ(RA)、ガン、鉄剤不応性鉄欠乏性貧(IRDA)等を罹患した際に観察されます。[4] Intrinsic LifeSciences社は、ヘプシジン対する初のELISAテストを開発し、臨床上の主要な鉄障害におけるヘプシジンの測定を可能にしました。[5] 最近、血中ヘプシジンレベルに基づく経口鉄剤療法に対する反応予測について、ヘプシジンが有用であることが示されております。そして、この適応ではフェリチンとトランスフェリン飽和度(%Tsat)よりもヘプシジンは優れています。[6]

<REFERENCES>

1. Ganz T (2013). Physiol Rev 93: 1721 – 1741.
2. Young M, Glahn R, Ariza-Nieto M, Inglis J, Olbina G, Westerman M, O’Brien KO (2009). Am J Clin Nutr 89: 1-6.
3. Kautz L, Jung G, Nemeth E, Ganz T (2014). Blood 124:2569-2574.
4. Camaschella C (2015). N Engl J Med 372: 1832-1843.
5. Ganz T, Olbina G, Girelli D, Nemeth E, Westerman M (2008). Blood 112:4292-4297.
6. Bregman DB, Morris D, Koch TA, He A, Goodnough LT (2013). Am J Hematol 88:97-101.

エリスロフェロン(Erythroferrone; ERFE)について

エリスロフェロン(Erythroferrone; ERFE)は、近年発見されたホルモンで、エリスロポエチン(erythropoietin)に応答して骨髄の赤芽球によって産生されます。[1] 動物での最近の研究では、エリスロフェロンはベースラインの赤血球産生の調節に関与するのではなく、ヘプシジン発現におけるstress erythropoiesis(低酸素や貧血負荷により誘導される赤血球産生)に特異的な調節因子として作用することを示しています。肝臓でのヘプシジンの発現を抑制することにより、エリスロフェロンは食事による鉄吸収の増加と、出血・失血の回復に必要な貯蔵鉄のリサイクルに貢献しています。[2] さらに、エリスロフェロンはβサラセミアなどの鉄過剰の遺伝性貧血におけるヘプシジン調節に関与していることが判明しています。[3] エリスロフェロンは血液疾患を有する患者体内の血球産生を評価する臨床マーカーマーカーとなる可能性があります。[4]

<REFERENCES>

1. Kautz L, Jung G, Valore E, Rivella S, Nemeth E, Ganz T. 2014. Identification of erythroferrone as an erythroid regulator of iron metabolism. Nature Genetics 46: 678-684.
2. Kautz L, Jung G, Nemeth E, Ganz T. 2014. Erythroferrone contributes to recovery from anemia of inflammation. Blood 124: 2569-2574.<>br 3. Kautz L, Jung G, Du X, Gabayan G, Chapman J, Nasoff M, Nemeth E, Ganz T. 2015. Erythroferrone contributes to hepcidin expression and iron overload in a mouse model of bthalassemia. Blood 126: 2031-2037.
4. Kim A, Nemeth E. 2015. New insights into iron regulation and erythropoiesis. Current Opinions Hematology 22: 199-205.

Product Name Type SKU
Intrinsic Mouse Erythroferrone™ ELISA Kit Kits ERF-200
Intrinsic Erythroferrone IE™ ELISA Kit Kits ERF-001
Intrinsic Hepcidin IDx™ ELISA Kit Kits ICE-007
Hepcidin Murine-Compete™ ELISA Kit Kits HMC-001
Intrinsic Hepcidin IDx™ EDTA ELISA Kit Kits ICE-004
Primate-Hepcidin Compete™ ELISA Kit Kits PHC-001
Polyclonal Anti-Rat Hepcidin Antibody Antibodies PAB-201
Polyclonal Anti-Hepcidin-1 Antibody (Mouse) Antibodies PAB-101
Polyclonal Anti-Hepcidin-25 Antibody Antibodies PAB-001
Monoclonal Anti-Hepcidin-25 Antibody Antibodies MAB-001
Mouse Hepcidin-1 Peptide Standard Specific Reagents XMS-500
Mouse Hepcidin-1 Biotin Conjugate Specific Reagents XMT-077
Sample Diluent (mouse) Specific Reagents CSD-001
SA-HRP Conjugate (mouse) Specific Reagents CEC-001
Wash Solution (mouse) Specific Reagents CWB-001
TMB Substrate Common Reagents CTM-001
Stop Solution Common Reagents CST-001

お気軽にご相談・お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

  • 大阪本社06-6231-6149
  • つくばオフィス029-848-3221