取扱メーカーSupplier

  • 有機化学
  • スウェーデン

Dyenamo AB

DSSC(色素増感太陽電池)、PSC(ペロブスカイト太陽電池)、太陽燃料、太陽光発電などの研究用試薬からバルクまで

http://www.dyenamo.se/

Dyenamo社について

Dyenamo社はスウェーデンのベンチャー企業で、DSSC(dye-sensitized solar cells:色素増感太陽電池)、PSC(perovskite solar cells:ペロブスカイト太陽電池)、太陽燃料(solar fuels)、太陽光発電)などの分野に向けた高品質の試薬を製造販売しています。 Dyenamo社はスウェーデンの研究開発機関であるCMD(the Center for Molecular Devices)との結びつきが強く、常に最新の研究開発情報を得ることができます。

CMDはスウェーデン王立工科大学(Royal Institute of Technology)とウプサラ大学(Uppsala University)の複数の研究グループ及びスェーデンの研究機関であるSwerea IVF ABでのDSSC/PSCの研究活動によって成り立っています。
Dyenamo社の主要製品は色素増感太陽電池(DSSC)、ペプロスカイト太陽電池(PSC)、太陽燃料(ソーラ燃料、Sola fuel)用の高純度化合物で、試薬量から製造用バルクサイズまで供給可能です。
Dyenamo社は自社製品の製造販売と並行してお客様の装置や化学反応の研究開発で直面されるだろう問題の解決のためのお手伝いをすることも可能です。
革新的な材料は製造プロセスも動じない開発されなければなりませんが、その方法は頻繁に文献として出てきます。
Dyenamo社はDSSCやソーラ燃料の研究者の方々が常に最新の化合物で研究できるようお客様のご要望に基づいた材料を製造することにも力を注いでいます。

ペロブスカイト太陽電池 (PSC) 用高純度材料

ペロブスカイト型太陽電池の研究開発は、驚くべきスピードで行われています。2013年、Dyenamo社は、この技術に特化した材料を初めて提供しました。その後も、新しい高品質な製品を継続的に上市することで、技術最前線での地位を維持してきました。
Dyenamo社のペロブスカイト製品は、高純度のヨウ化鉛、ペロブスカイト前駆体、ホール導体、添加剤など、当該技術に関連するすべてのカテゴリー製品をカバーしています。
ペロブスカイト技術が発展するにつれて、材料の品質がデバイスの性能・再現性・安定性に不可欠であることは明らかです。
Dyenamo社は、超高純度99.999%グレードまでの品質を有する市場有数のペロブスカイト材料を製造します。同社の材料は、常に規格に基づいて製造され、分析試験証明書と共に納品されます。
同社の材料は、世界をリードするアカデミアグループや企業など、世界中で使用されています。
同社のチームは、経験豊富な太陽電池研究者で構成されており、諮問委員会には創立者であるAnders Hagfeldt教授、Licheng Sun教授、Lars Kloo教授、Gerrit Boschloo教授が名を連ねています。

Dyenamo_ペロブスカイト

色素増感太陽電池 (DSSC) 用色素材料

色素増感太陽電池は、過去30年間に集中的に開発されてきました。当初、この技術は屋外での利用を対象としていました。しかし、過去10年間、商業化の取り組みは主に低電力用途に向けられてきました。
Dyenamo社は色素増感太陽電池研究のバックグラウンドを持っているので、エンドユーザの需要を理解することが出来ます。
同社のチームを構成している、経験豊富な太陽電池研究者、Anders Hagfeldt教授、Licheng Sun教授、Lars Kloo教授、Gerrit Boschloo教授らは、低消費電力色素増感太陽電池技術のための新しいブレークスルーのほとんどの背後にいます。
例えば、有機色素とコバルトおよび銅などの一電子酸化還元メディエータの組み合わせや、いわゆる固体状態のゾンビ太陽電池などがあげられます。このような製品は、色素増感太陽電池のための同社の製品群に広範囲に存在します。
同社の熱意は、新しい高品質な製品を継続的に上市することで、それらの技術の最先端にいることを目指しています。

Dyenamo_色素増感太陽電池_DSSC

Dyenamo社の創立者

Dyenamo社の創立者 写真左から: Gerrit Boschloo(Uppsala大学助教授)、Anders Hagfeldt (スイスEPFL教授)、Henrik Pettersson (CEO Dyenamo)、Lars Kloo (ストックホルムKTH教授)、Licheng Sun (ストックホルムKTH教授)。

2021年1月、Dyenamo ABと重松貿易株式会社は、日本国内における販売店契約の締結に合意しました。
日本の研究員に高品質なDyenamo製品をスムーズにお届けし、本分野の研究開発に寄与する事を目指します。

Dyenamo社の製品

Dyenamo社ではDSSCやソーラ燃料ペロブスカイト太陽電池などの分野での研究で使用される化学材料をカタログ製品として揃えています。 それぞれ研究用試薬から製造用バルクサイズまで提供可能です。
詳細は以下のリンクからDyenamo社のウェブでご確認ください。

Dyenamo社ホームページへはこちらから https://dyenamo.se/index.php

Dyenamo AB

Greenhouse Labs, Teknikringen 38A SE-114 28 Stockholm, Sweden

お気軽にご相談・お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

  • 大阪本社06-6231-6149
  • つくばオフィス029-848-3221