注目製品・サービス特集一覧Featured Products and Services

有機化学2022.06.23

多機能型光反応装置 ~Lucent 360™~

Lucent360

Lucent360™は光化学反応を行うために設計された装置で、光源には総出力約350WのLEDライトを使用し、
本装置一台で様々な用途・目的に対応した光反応を行うことができます。

light-modules-interchangeable
light-configuration-options_3

光源である5つのLEDライトは、それぞれ独立に操作・設定が可能で、異なる強度の光に設定することもできます。
また、ライトの放熱による昇温を防ぐために、ライト下部にはファンが取り付けられています。

Lucent360_hontai_2

使用時は、装置の蓋を完全に閉じ切った状態で光反応を行います。そのため、ライトの光が外部に漏れることによるロスが一切生じず、有効的に光を照射することが可能です。
また蓋を閉じ切った状態で使用することにより光暴露による危険も軽減できます。

thermo-flushing

反応温度の管理には、水若しくはエチレングリコール等の熱媒を使用し、装置内部のポンプにより熱媒を循環させることで反応温度を一定に保ちます。
また、外付けの恒温槽と接続することで、反応温度を調整することもできます。

12.2021-Blog_1

Lucent360™では、反応容器であるバイアルを固定するためのバイアルホルダーを使用します。バイアルの位置を固定することで、ライトとの距離も一定に保つことができ、実験の再現性向上に役立ちます。また、同時に複数のバイアル(0.3ml~20ml)を設置できるため、反応条件の検討も容易です。
その他、バッチ合成用(HCK1021-01-007)・フロー合成用(HCK-1021-01-008)のホルダーを使用すれば、スケールアップの検討もできます。さらにLEDライトスクリーニング用のホルダー(HCK1021-01-09等)を使用することで、同一波長で異なる強度の光、異なる波長の光を同時にスクリーニングすることができます。

特徴

  • 総出力約350Wの光源LED搭載(365nm~525nm)
  • 光源LEDは5つあり、それぞれ異なる強度・波長に設定可能
  • 光漏洩が生じない設計により照射ロスがなく、再現性に貢献
  • 反応温度を調整可能(0~80°C)
  • 複数の波長・光量を同時にスクリーニング可能
  • 反応容量:0.3ml~20ml、700ml(バッチ合成)、フロー合成

製品カタログはこちらです:Hepatochem Lucent360™ (PDF_1.25MB)
メーカーの製品紹介ページはこちらです:Hepatochem Lucent360™
紹介ページはこちらです:HepatoChem社 紹介ページ

お気軽にご相談・お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

  • 大阪本社06-6231-6149
  • つくばオフィス029-848-3221